メニュー

最近の投稿
newグフブログ
くんずほぐれつ談


ようこそ
ようこそ神戸グフのホームページへ。
神戸グフは神戸を拠点とする草野球チームです。詳しくはチーム紹介をご覧ください。
2009年対戦成績:113試合 48勝58敗7分 野球バカ集団です!
メンバー募集中です!野球バカになりませんか? お問い合わせから連絡お願いします!
スケジュール
none:最近の映像
2009年MVPを獲得したM氏。トロフィーをもらってニッコリ
※恐妻家のため本人であることがバレないように加工しております。


3/6ナゴヤドーム  リーダーのランニングホームラン
最近の試合
2018/9/22-3試合目 神戸グフ 練習試合  (名谷公園野球場)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total バッテリー
ツイスターズ 0 0 1 0 1
神戸グフ 0 0 0 0 0 しまだーまつ,リーダー JAF-...
意地を見せたいグフは、第3試合に本格派しまだを送り込む。
まっすぐに加え、スライダー、カーブも十分な切れ味を見せるピッチングで
2回を完全に抑えたしまだ。
ここはクラッシュせず、2番手JAFに繋いだ。

2番手JAFは久々の登板からか、コントロールが定まらず、1死満塁のピンチを背負うと
次打者のショートゴロを、ショート元さんが何故か本塁でもゲッツーでもなく
あっさり1塁送球し、この間に1点を奪われる。

試合途中から観戦に訪れた愛妻と愛息は、何故か活躍の場面を見ていないという憂き目に遭いながらも
セカンド丸ちゃんが堅実な守備を見せるなど、この試合は0-1のまま最終4回。
ニューバットでヒットが生まれない事もあり、挽回のチャンスを窺ったクラッシャーの願いが通じたのか
リーダーがエラーで出塁し、一発出ればサヨナラの場面でしまだでしたが
クラッシャーはやっぱりボテボテのピッチャーゴロでこの日は終了。

3連敗と試合はコテンパンでしたが、こんな日もトークに勤しむグフ。
丸ちゃんのご子息のあまりの可愛さに、手を繋ぎながら歩くJUMPOは
「なんと言えばいい、この感覚。」(#61)と父性本能に目覚めるなど
恐妻組合とは無縁の仲良し丸ちゃん夫妻を囲んで、この日も
毎週同じ話ばっかりしているのに何故か楽しいアフタートークは尽きませんでしたが。。。

ボール遊びをする丸ちゃん愛息が、左手で投じるボールを頑なに受け取らず
丸ちゃん奥様にまだ披露していない左投げを断じてやろうとしないリーダー。

「井森ダンスか!」(出し惜しみに#8)
2018/9/22-2試合目 神戸グフ 練習試合  (名谷公園野球場)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total バッテリー
神戸グフ 0 0 0 0 0 1 0 1 うえの,JUMPO-たつみ
ツイスターズ 0 1 0 1 0 3 x 5
第2試合は「2桁勝利を目指したい。」発言から勝ち星を挙げていない上野が先発。
しかし2回、相手代表さんJr.のセンター前打から盗塁にワイルドピッチで先制を許すと
4回には、またもや相手代表さんJr.が放った打球は
この回だけライトに入っていた「エリア3」リーダーが必死に追うも、その頭の上を越えるフェンスオーバー。

まさかの親子アベックアーチを浴びてしまうという、草野球史上類を見ない展開となったこの日。
この後、2死満塁という大ピンチを背負ってしまいますが、次打者の強烈な三塁線のライナーを
サードまつがダイビングキャッチで守りきり意地を見せる。
ここでサードがリーダーだったら・・・撒き餌ゾーン→ファールアピール・・・
ゾッとするでしょ?上野君。

一方攻撃陣は、3回によっしーのレフトへのヒットなどで
無死満塁の大チャンスを作りながら得点できない。
余談ですが、この試合レフトへの快打を連発しながら、ことごとくレフトの好守の前に泣いたよっしー。
ライト線へ切れていく元さん得意の一打も、相手ライトさんのダイビングキャッチの前に封じられるなど
この試合も本当に本塁が遠かった。

しかし意地を見せたいグフは6回。
JAFのセンター前からリーダーも続いてスコアリングポジションに。
ここでバッターは巽。
「打率上がって良かったね。」(前打席のヒット後#8)
「トータルでは下がってます。。。」(#26)
誰よりも数字を気にするこの男。
センターへの鋭い当たりに、ようやく打率も上昇の安堵の表情^^

やっとの事で得点し、なおも2死2,3塁と逆転のチャンスでしたが
チャンスではほぼ間違いなくピッチャーゴロの上野が案の定・・・
攻め切れなかった事が災いしたか、その裏。
2番手登板JUMPOが4本のヒットで3失点と攻め立てられる。

最終回、2週前のミニキャンプが生きたのか、この日打撃好調だったそのJUMPOが
ヒットを放って意地を見せますが、後続が続かず、万事休す。
悔しい連敗となりました。

「グフはただただヒットを打ち続けないと勝てないチームやから。」(#3)
じゃあ、打ち続けましょう!(戦略なし)
2018/9/22-1試合目 神戸グフ 練習試合  (名谷公園野球場)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total バッテリー
ツイスターズ 1 2 0 2 3 0 0 8
神戸グフ 0 0 0 0 0 0 0 0 まつーよっしー
アンダーを忘れて、途中のスーパーで黒っぽい肌着を購入して挑んだまつ。
この日はよっしーー丸ちゃんの何でや~コンビを敢えて変え
よっしーを女房に選び、恐妻組合しまだをショートに据える。

アンダーの購入による到着遅れ、やリーダーが後攻を選んじゃった事から
この日も1球も投げないままマウンドへ向かうまつ。
しかし、ツイスターズさんはそんなに甘い相手ではない。
初回から、組合員しまだを強烈なゴロが襲うと、その後タイムリーを浴び先制を許す。
2回には満塁のピンチを背負うと、2死までこぎつけるも、次打者の打球はまたもや組合員の元へ。
このゴロをしまだが捌けず、さらに2点を失ってしまう苦しい展開となる。

女房役に指名したよっしーが肩痛を隠していた事もあり
相手の足をからめた攻撃にも苦しんだこの日。
「肩が痛いって言ったら、キャッチャーに指名してもらえないと思って。。。」(#66)
そんなよっしーが、かわい・・・とか言ってる余裕がなかったこの日のまつ。

それでも牽制で相手ランナーを刺すなど、小技でなんとか乗り切りっていましたが
「多忙すぎて、日課のウォーキングができてなくて・・・」(#8)
弱った足腰の影響か、コントロールを乱した4回。
集中力を切らして置きに行った遅球を、相手代表笹倉さんに完璧に放り込まれて
ほぼ勝負が決まってしまいました。
6回もいろいろ守備が乱れちゃいましたしねー
助っ人畠中さんも、送球がすっぽ抜けちゃう珍プレーなど、グフに馴染んできた感じですか^^;

やはり草野球は、ピッチャーのコントロールと守備力だと痛感したこの試合。
攻撃陣も3安打に抑えられ、うち2本が次打者のゲッツーで潰えるなど
相手の堅い守備に2塁も踏めない展開では、まぁ勝ち目がない。完敗でしたね~~

ショートに据えたしまだが、前半の失点エラーに試合を潰したとうなだれますが・・・
鋭いスイングから放たれるボールも、いつも潰れてピッチャーフライですし
何よりひざ神、膝も潰れてるんだから、気にしないで大丈夫(^^)v

とりあえず登録名、変えときますね~~


それよりよっしー、肩大丈夫なん><
集合写真

チームの集合写真です。

2009/07/04 スカイマークスタジアム

http://toyao.net/~aseda/toppagephpto_20090704skymark_600.jpg



野球 ホームページ 作成
Copyright(c) 2003-2014 KOBE GOUF All Rights Reserved.