メニュー

WebScoreRevolution »»
最終更新日 2017-10-01 21:49:45
対戦結果詳細
日付 2017年度  2017/9/30   1試合目
主催/リーグ 神戸グフ
大会/トーナメント 練習試合  
グラウンド 瀬戸公園野球場
スコア Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
ブラッディサンデー 0 0 0 0 0 5 4 9
神戸グフ 3 0 0 0 1 0 3 7
勝敗 敗北
先攻バッテリー
後攻バッテリー まつ,よっしーGG
長打 安打数:8本
二塁打:#99 丸ちゃん\(^.^)/  
内容 試合前から強豪感プンプンだったブラッディサンデーさんとの一戦。
マネジメントに追われ、この日もノースロー、キャッチボールすらなしにまつが生贄先発。

前日にようやく仕事が一段落し、やる気はパワプロならピンクの回転のまつでしたが
やはり投げるボールはいつもと同じ。
「この手のチームには、意外と抑えるか、ボッコボコにやられるかのどっちか」(#55)
・・・若い大学生からすれば、こんなボールは見た事がなかったか、意外と抑える。

一方打線は、相手快速投手から、この日復活参戦日笠さんがいきなりライト前打。
「隠れて練習してたんやで~」(#2)
二死から巽さんが左中間へ弾き返し先制すると
侍丸ちゃんが大好きな欧米人をぶった切り!左中間を完璧に破り、いきなり3点を奪う。

しかしこれが相手投手を本気にさせ、スライダー連投で続く元さんを封じると
ここからキャッチャーも取れないキレキレスライダー多投に、グフ打線は三振の山を築かされる。

小康状態となった本試合でしたが5回。
「キレてる!」元さんがセンター前に弾き返すと、2死からバッターはまつ。
投手心理でストレートを読みきったまつの当たりは貴重な追加点となりましたが・・・

激務でウォーキング不足のまつが最近鬼門としている6回。
この日もコントロールを乱し、1,2塁とされると
三遊間の当たりにショートいせちのスライディングキャッチもわずかに及ばず1失点。
なおも1死満塁とされると、相手4番の打球はファースト後方にポトリと落ちる落胆のザ・元さんタイムリー。

1点差となり、なお2,3塁となったところで、一度やってみたかったプロ並みの継投策。
回またぎサファテよっしーに託すまつでしたが・・・

頼みのよっしーが次打者にセンターオーバーを浴びる逆転打。
ランナーが返ったら自分が負け投手になる事を計算していなかったorz

7回にも守備の乱れなどもあり、悪夢の5失点となってしまったサファテ神話の崩壊となったこの日。
そういやこの日は、まだファーストコンタクトみそぎを済ましてなかったですね^^;

最終回、2番手投手から、「冷蔵庫!」元さんのセンター前タイムリーと
「久しぶりに会ったら、めっちゃしゃべるようになっていた。
でも野球は下手になっていた。」(#2)
トーク力と引き換えに野球の実力を失った池田が
ここは1,2塁間を破り2点差まで追い上げましたが
最後はリーダーがレフトライナーに仕留められジ・エンド。

リーダーがファールフライを捕っていれば・・・サードゴロ捕っていれば
一人遊びを覚えたお猿さんみたいに動画ばっかり撮ってなければ・・・?

打撃成績
打順 先発 選手

1


2












1 2 3 4 5 6 7
1 先発 #2 日笠 1 単打    振逃 ゴロ
2 先発 #66 吉岡(単身赴任) ゴロ ゴロ
3 先発 #50 G.G後藤
4 先発 #26 巽 2 単打 1    三振 単打
5 先発 #32 上野(アヒル) 2    四球    三振    四球
6 先発 #99 丸ちゃん\(^.^)/ 二塁 2    三振
7 先発 #55 元さん(X) 1 2    三振 単打 単打 1
8 先発 #71 池田(メンタリスト)    振逃 単打 1
9 先発 #3 リーダー    三振 ゴロ
10 先発 #8 まつ 敵失 単打 1
11 先発 #11 JAFとよしま    三振    三振
12 先発 楠原(助) ゴロ ゴロ
13 先発 #16 いせち(ピンク)    三振    死球

投手成績
投手名 投球回数 自責点 失点 奪三振 与四球 与死球 被安打 被本塁打 投球数 勝敗
#8 まつ 5回 1/3 5 5 4 3 0 4 0
#66 吉岡(単身赴任) 1回 2/3 1 4 2 0 0 6 0

Copyright(c) 2003-2014 KOBE GOUF All Rights Reserved.