メニュー

WebScoreRevolution »»
最終更新日 2017-10-09 21:25:14
対戦結果詳細
日付 2017年度  2017/10/7   1試合目
主催/リーグ 神戸グフ
大会/トーナメント 紅白戦  
グラウンド あじさいスタジアムサブ球場B
スコア Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
神戸グフ 0 0 0 0 0 1 0 1
神戸グフ 1 0 0 0 1 0 x 2
勝敗 その他
先攻バッテリー まつーいけだ
後攻バッテリー
長打 安打数:7本
三塁打:#55 元さん(X)  
内容 天気予報では深夜に雨は止む・・・はずだったこの日。
朝まで降り続く雨にも、とんでもないグランド状況にも負けず
東京から新幹線に乗ってくる直くんのために、強引にグランド事務所に泣きついて開催にこぎつけた紅白戦。
「仕事だけでなく野球に来てまで頭を下げないといけないまつ・・・」(#71)
・・・家で嫁にも頭を下げてますから。

さて、初戦はリーダー-まつによるチーム分け。
まつが3連続競合くじを外すというドラフト戦略の失敗により
雨の中ビショビショになりながら、キャッチボールを続けていた、
GG、丸ちゃんといった野球バカが、ことごとくリーダー軍に配されたのが、この試合にどう影響するのか。

さてそんな中開始された試合は初回。
先頭のGGがまつのカーブを弾き返すと、上野の左中間タイムリーでリ軍が先制。

このまま大荒れの展開が予想されましたが、馬場不良の時は全く走らない事が判明した元さんの
痛風悪化防止の忍者走りを見習い、意外に両チーム守備が安定し、その後は1点差で試合は展開。
守るところがないくらい荒れていたショートを守ってくれた直くんの背面キャッチも飛び出し
4回、2ベースで出た丸ちゃんをスコアリングポジションに置きながら
リーダーを力でねじ伏せるなど、まつも意地を見せた。

しかし5回、2死3塁からGGをキャッチャー前小フライにしとめたまつでしたが
ワンバウンド処理を試みたまつの足に当たってファールゾーンに転がる無念の失策から失点する。。。

一方、ま軍は、リ軍先発日笠さんに完璧に封じられ、チャンスらしいチャンスもつかめずにいましたが、
2点差で迎えた6回。
ここでようやく馬場不良で野球をする諦めがついた元さんが得意の右中間打を放つと
直君がレフト前に弾き返すタイムリー。
この後、JAFのヒットで流れが変わったかに思えましたが
「しゃべるのに忙しいから!」(#71)
トーク力と引替えに野球の実力を捨てたいけだが抑えられる。

最終回も、リ軍守護神しまだを攻め
「状況に応じたバッティング!」(#8)
ぐちゃぐちゃグランドに助けられたまつ、いまむの連打で2,3塁のチャンスを得ましたが
遅刻参戦、開口一番「なんでこんな中やってるんですか~~」(#16)と
この環境で野球をする気持ちを高められなかったいせちが三振に仕留められ、
最後は守護神の気迫に抑えられてしまいました。

グランドは泥仕合ながら、肝心の試合は意外に締まった白熱ゲームとなりました!

まつに1球でサードフライに仕留められ
「今のなし!もう1回!」と泣きを入れてきた日笠さんには
試合には負けましたが勝負には・・・勝ったはず^^;

打撃成績
打順 先発 選手

1


2












1 2 3 4 5 6 7
1 先発 #61 ふくま(JUMDO)    死球    妨害    三振
2 先発 玉木(助) ゴロ 単打    三振
3 先発 #55 元さん(X) 1 併殺 ゴロ 三塁
4 先発 #52 直くん 単打 1
5 先発 #11 JAFとよしま ゴロ    三振 単打
6 先発 #26 巽 ゴロ ゴロ
7 先発 #71 池田(メンタリスト)    三振    三振
8 先発 #8 まつ ゴロ 内安 内安
9 先発 #0 いまむ ゴロ 単打
10 先発 #16 いせち(ピンク)    三振

投手成績
投手名 投球回数 自責点 失点 奪三振 与四球 与死球 被安打 被本塁打 投球数 勝敗
#8 まつ 6回 0/3 1 1 0 0 0 4 0

Copyright(c) 2003-2014 KOBE GOUF All Rights Reserved.